>> 【4万文字で解説】Shopifyオンラインスクールまとめ

【アドセンスの再審査】長期間放置して広告停止になったサイトを再申請する方法

WEB全般

グーグルアドセンスの審査に通ったけど、広告を掲載せずに放置していたら広告掲載停止になってしまった。広告を掲載したいので再審査の方法を教えて欲しい。

こんなことを考えている方へ。
この記事のポイントは以下です。

【実体験】グーグルアドセンスの審査に通ったが、広告掲載せずに放置したので掲載停止に。再審査して広告承認されるまでの手順を紹介

Shopify飯店

Shopify飯店

\当サイトのおすすめ記事はこちら👇/

■■Shopifyを学ぼう■■

人気記事 4万文字で徹底解説!Shopifyおすすめスクールまとめ!🏫
人気記事 1.5万文字でデイトラShopifyコース!を徹底解説!📺
人気記事 Shopifyのおすすめ学習方法まとめ!👩‍💻
人気記事 筆者の経験談!独学ロードマップ決定版!🖥
人気記事 Shopifyを学べるおすすめの書籍まとめ!📚
人気記事 日本語のみを厳選!おすすめのUdemy動画教材🎦
人気記事 コピペでOK!カスタマイズパーツ販売中📝
スポンサーリンク

【実体験】グーグルアドセンス審査に通ったのに長期間広告掲載しないと再審査が必要になります

以前こんなツイートをしました。
本記事ではこちらを掘り下げます。
【アドセンスの再審査】長期間放置して広告停止になったサイトを再申請する方法
アドセンス審査に通った趣味サイト、1年くらい広告掲載してなかったら、広告掲載できなくなってた。5カ月間広告掲載ないと再審査が必要になってしまうらしい。まじか。

1年前にグーグルアドセンスの審査に通ったサイトがあったのですが、広告を掲載せず放置していました。そして、久しぶりにアドセンスをみてみると「お客様のサイトは再審査が必要です」との表示がされていました。

【アドセンスの再審査】長期間放置して広告停止になったサイトを再申請する方法

審査が必要
お客様のサイトは再審査が必要です。
お客様のサイトが一定期間にわたって停止されていたためです。詳しくは、サイトが無効になる理由をご覧ください。
再審査が必要になる条件は、公式のヘルプに記載があります。
この記事を書いた2021年当時は、審査に合格してから5ヶ月間広告の掲載がないと再審査が必要でした。2024年4月時点では「広告が 4 か月以上表示されていないサイトは無効であると見なされる」とのことです。
【アドセンスの再審査】長期間放置して広告停止になったサイトを再申請する方法
広告が 4 か月以上表示されていないサイトは、無効であると見なされます。この場合、アカウントにアラートが表示され、広告の表示が再開されるまで 1 か月かかります。サイトが 5 か月間無効のままである場合は、サイトの再審査が必要になります。無効なサイトは [サイト] ページに表示されます。

私の場合は1年ほど放置していたので、4ヶ月を思い切りオーバーしていました。結果、広告掲載が無効になり再審査が必要になりました。グーグルアドセンスの審査に通ったら、すぐに広告を掲載しましょう。でないと私のように面倒なことになります。

 

スポンサーリンク

【アドセンスの再審査】長期間放置して広告停止になったサイトを再申請する方法

グーグルアドンセスの審査に通ったのに、長期間放置して広告掲載が停止になったサイトを再申請する方法を解説します。

手順は以下です。

①再申請用のコードを取得する
②コードをheadタグ内に貼り付ける
③審査のリクエストを行う

※上記手順は2021当時のものです。最新の手順についてはGoogleアドセンスヘルプページをご覧ください。

 

①再申請用のコードを取得する

まずは再申請用のコードを取得します。
グーグルアドセンスにログイン>サイト へと進みます。

【アドセンスの再審査】長期間放置して広告停止になったサイトを再申請する方法

再審査が必要なサイトには赤字で「審査が必要」と表示されているはずです。
右にある逆三角形をクリックします。

【アドセンスの再審査】長期間放置して広告停止になったサイトを再申請する方法

すると、アコーディオンが開いて詳細が表示されます。
右下にある「詳細を表示」をクリックします。

【アドセンスの再審査】長期間放置して広告停止になったサイトを再申請する方法

すると「AdSenseコード」が表示されます。
次はこのコードを<head> タグと </head> タグの間に貼り付けます。

【アドセンスの再審査】長期間放置して広告停止になったサイトを再申請する方法

 

②再申請用のコードをheadタグ内に貼り付ける

次は表示された「AdSenseコード」を、ウェブサイトの<head> タグと </head> タグの間に貼り付けます。CMSが入っていない静的なサイトなら、直接htmlを編集してheadタグ内に貼り付けます。

ワードプレスなどのCMSで構築されたサイトなら、使用してるテーマによってはノーコードでコードを設定できるかもしれません。CMSやテーマのヘルプを確認してください。

私は当時、ワードプレスの「snowmonkey」というテーマを使っていました。なので、公式ヘルプを参考にheadタグ内にコードを埋め込みました。

 

③審査のリクエストを行う

コードの貼り付けが終わったら「サイトにコードを貼り付けました」にチェックを入れ「審査をリクエスト」を押下します。

【アドセンスの再審査】長期間放置して広告停止になったサイトを再申請する方法

以下の画面が出たら再申請は完了です。

【アドセンスの再審査】長期間放置して広告停止になったサイトを再申請する方法

グーグルアドセンスにログインして「サイト」へと進むと、対象のサイトのステータスが「承認手続きを進めています…」に変わっています。

【アドセンスの再審査】長期間放置して広告停止になったサイトを再申請する方法

審査には数日〜2週間かかります。
結果を待ちましょう。

 

スポンサーリンク

【後日談】アドセンスの再審査を依頼、その後どうなった?

2021年の4月14日(水)に再審査を依頼しました。
結果が届き次第、ブログを更新します。

【2021年4月24日追記】
なんと申請した翌日に承認されました。
あまりの早さにびっくり。

【アドセンスの再審査】長期間放置して広告停止になったサイトを再申請する方法

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

・グーグルアドセンスの審査に通ったらすぐに広告を掲載した方がいい
・4か月以上広告掲載せずに放置していると、再審査が必要になってしまう
・再審査に要する時間は数日〜2週間(ただ私は翌日に審査が終わりました)
4ヶ月以上広告を掲載せずに放置していると、再審査が必要になります。
詳しくはGoogleアドセンスヘルプを参照ください。
広告が 4 か月以上表示されていないサイトは、無効であると見なされます。この場合、アカウントにアラートが表示され、広告の表示が再開されるまで 1 か月かかります。サイトが 5 か月間無効のままである場合は、サイトの再審査が必要になります。無効なサイトは [サイト] ページに表示されます。

今回の記事はここまでです。

タイトルとURLをコピーしました