>> デイトラShopifyコースが先着で1万円OFF!

【Shopify】ストアの所有権を移行する方法【画像付きで解説】

使い方

クライアントにストアの所有権を移行する方法を教えて欲しい。
Shopify制作者として初めてクライアントにサイトを引き渡すので、手順を確認したい。

こんなことを考えている方へ。

この記事のポイントは以下です。

・Shopifyで開発ストアから所有権の移行をする方法
・Shopifyパートナーが得られる紹介料についても解説

Shopify飯店

Shopify飯店

【デイトラShopifyコース 新年の2023名限定キャンペーン!1月4日から全コース⛩️1万円割引⛩️セール❗️】
デイトラ」で1/4〜1/31の間、新春セールが開催されています。先着順で1万円割となる超お得なセールです。
2023年に人生を変えたい方は「デイトラShopifyコース」を受講してみてください。

 

スポンサーリンク

【Shopify】ストアの所有権を移行する方法【画像付きで解説】

Shopifyでストアの所有権を移行する方法を解説します。

開発ストアでクライアントのサイトを構築したら、最後はクライアントにストアを移行します。移行のタイミングでクライアントはShopifyの本契約を行います。

よって、所有権を移行したらShopifyの利用料が発生するようになります。移行前に可能な範囲のすべての構築を終わらせるようにしましょう。

ストアの所有権を移行する流れは次のとおりです。

①パートナーダッシュボードにログインする
②ストアの所有権を移行する
③Shopifyの契約をする(クライアント側での作業)
④契約したプランの内容を確認する(クライアント側での作業)
⑤クライアントの契約完了を確認する
⑥ストアに「コラボレーターのアクセス」でログインができるか確認する

では、画像を交えて丁寧に解説します。

 

パートナーダッシュボードにログインする

Shopify ストアの所有権を移行する

まずはShopifyパートナーダッシュボードにログインします。

 

ストアの所有権を移行する

パートナーダッシュボードにログインしたら、左のメニューの「ストア管理」をクリックします。

Shopify ストアの所有権を移行する

これで、管理しているサイトの一覧が表示されます。サイトの中から所有権を移行したいサイトをクリックします。

Shopify ストアの所有権を移行する

すると、以下のような画面に切り替わります。

Shopify ストアの所有権を移行する

右上にある「所有権を移行する」を押します。間違っても隣の「開発ストアをアーカイブする」を押さないようにしましょう。

Shopify ストアの所有権を移行する

所有権を既存のスタッフアカウントに移行する」から、移行先のアカウント(クライアントのアカウント)を選択します。そして「ストアを移行する」を押します。

Shopify ストアの所有権を移行する

モーダル画面には、所有権の移行に関しての色々な説明が表示されます。重要なので読んでおきましょう。

ストアの移行リクエストを送信すると、
・新しいオーナーは、ログインしてプランを選択するためのメールを受け取ります
・あなたのためにコラボレーターのアカウントが自動的に作成されますが、オーナーがプランを選択するまでストアにはアクセスできません
・ストアに追加したクレジットカード情報やPayPal情報は削除されます

【事前にクライアントのスタッフアカウントを作成しておく必要があります】
ストアの所有権の移行は、既存のスタッフアカウントに対して行います。つまり、事前に移行先のアカウントを作成しておく必要があります。事前にクライアントのスタッフアカウントを作成しておきましょう。

ストアの移行を実施すると、「所有権移行のリクエストを正常に送信しました」というメッセージが表示されます。

Shopify ストアの所有権を移行する

そしてこれ以降、クライアント(移行先のアカウント)がShopifyの契約を行うまではストアにロックがかかります。

管理画面はもちろん、ストアフロントにもアクセスができなくなります。アクセスしようとすると以下のような表示が出ます。

Shopify ストアの所有権を移行する

なので、エンジニアがまだ作業をしているタイミングでストアの移行を行うと危険です。事前に調整しましょう。

また、クライアントのレスポンスが悪い場合、何日もストアがロックされ案件の進捗に影響が出ます。その辺は臨機応変に対応しましょう。(zoomでその場で一緒に作業を進めるなど)

なお、この時パートナーダッシュボードでストアの状況をみると、「移行保留中」と表示されます。Shopifyの契約が完了したらこの表示は消えます。

Shopify ストアの所有権を移行する

 

Shopifyの契約をする(クライアント側での作業)

ここで解説するのは、ストア移行の通知を受け取ったクライアント側の作業です。クライアントに説明できるように流れを理解しましょう。

まず、移行先のメールアドレスに「XXX(ショップ名)のストアオーナーになりました」というメールが届きます。

Shopify ストアの所有権を移行する

メール文中の「設定を表示する」を押すと、以下の画面が表示されます。「このストアは凍結されているためアクセスできません」という画面です。ここで「プランを選択する」を押します。

Shopify ストアの所有権を移行する

すると、プラン選択画面が表示されます。プランは、

  • 月次
  • 年次
  • 2年
  • 3年

と分かれています。

Shopify ストアの所有権を移行する

長期契約の方がお得です。私の経験では「年次」を選択するクライアントが多いです。プランは「ベーシック」で十分です。

なお、「ベーシック」は2022年初頭まで29ドル/月でしたが、円安の影響を受けて2022年8月時点では25ドル/月になっています。

月次の場合は以下の金額になります。

Shopify ストアの所有権を移行する

「年次」の場合は10%割引になり、以下の金額になります。

Shopify ストアの所有権を移行する

「2年」の場合は20%割引になり、以下の金額になります。

Shopify ストアの所有権を移行する

「3年」の場合は25%割引になり、以下の金額になります。

Shopify ストアの所有権を移行する

今回は例として「月次」の支払いで進めます。「月次」の「ベーシック」の項目の「このプランを選択」を押します。

すると、以下の画面が表示されます。

Shopify ストアの所有権を移行する

決済方法は「クレジットカード」か「PayPal」の2択です。

Shopify ストアの所有権を移行する

クレジットカードを選択すると詳細な入力欄が出るので、色々情報を記入していきます。

Shopify ストアの所有権を移行する

入力が終わったら「プランを開始する」を押します。

Shopify ストアの所有権を移行する

これで、Shopifyの契約が完了しました。自動で画面が切り替わり「ユーザーと権限」のページが表示されます。

いま契約したアカウントの名前が「ストアオーナー」になっているはずです。

Shopify ストアの所有権を移行する

 

契約したプランの内容を確認する(クライアント側での作業)

念の為、今回契約したプラン内容を確認します。

設定>プランへと進みます。契約プランが「Shopify Lite(スタンダートのこと)」になっているはずです。

Shopify ストアの所有権を移行する

今回は「月次」の支払いを選択して、毎月Shopifyの利用料を支払うようにしました。もし「年次」や「2年」などに変えたい場合、「請求サイクルを変更」を押します。

Shopify ストアの所有権を移行する

すると、請求サイクルの変更画面が表示されます。支払いを変えたい場合はここを編集すればOKです。

Shopify ストアの所有権を移行する

また、設定>請求情報の画面でも確認ができます。

Shopify ストアの所有権を移行する

サブスクリプションの欄が「Basic Shopify」になっているはずです。

Shopify ストアの所有権を移行する

 

クライアントの契約完了を確認する

クライアントがShopifyの契約を完了させたら念のためこちらでも確認します。

クライアントの契約が完了すると、以下のメールが届きます。「おめでとうございます! XXX(ショップ名)が有効になりました。」というメールです。

Shopify ストアの所有権を移行する

本文中の「管理中のストア」をクリックします。

すると、パートナーダッシュボードが開きます。所有権を移行したストアが「Basic Shopify」になっており、「コラボレーターのアクセス」と表示されていればOKです。

Shopify ストアの所有権を移行する

 

ストアに「コラボレーターのアクセス」でログインができるか確認する

念の為、コラボレーターとしてストアにアクセスできるかを確認します。

パートナーダッシュボードから、所有権を移行したストアを見つけ「コラボレーターのアクセス」の表示を確認します。

Shopify ストアの所有権を移行する

そして、右側の「ログイン」を押します。これでクライアントのサイトに無事ログインできればOKです。

これでストアの所有権の移行は完了しました。

 

スポンサーリンク

Shopifyパートナーが得られる紹介料の確認

開発ストアを通じてクライアントにストアの所有権を移行すると、紹介料を得ることができます。ここではShopifyパートナーが得られる紹介料について解説します。

 

クライアントの契約完了を確認する

クライアントがShopifyの契約を完了させると、Shopifyパートナー(自分)のアドレスに以下のメールが届きます。「おめでとうございます! XXX(ショップ名)が有効になりました。」というメールです。

Shopify ストアの所有権を移行する

メール文中に説明があるとおり、クライアントがShopifyの利用料を払い続けている限り、紹介料が入ります。

 

パートナーダッシュボードの「支払い」で金額を確認できる

紹介料の金額はパートナーダッシュボードの「支払い」画面で確認できます。以下のようにドル表記で金額が表示されます。

Shopify ストアの所有権を移行する

 

毎月PayPalに紹介料の振り込みがある

紹介料の支払いはPayPalで行われます。以下のように毎月PayPalから入金のメールが届きます。

Shopify ストアの所有権を移行する

【事前にPayPalアカウントを作っておきましょう】
せっかくクライアントのストアを作ったのに、PayPalアカウントがなければ報酬を受け取れません。事前に作成しておきましょう。
・PayPal(ペイパル)公式サイト – 無料アカウント登録

万が一、PayPalアカウントを作り忘れたまま紹介料の振り込みが始まってしまったら、Shopifyに相談しましょう。

私の実体験なのですが、PayPalアカウントの作成を忘れていたら、紹介料の振り込みが始まっていました。すぐ気づけばよかったのですが、半年くらい放置しており紹介料の受け取り期限が過ぎてしまいました。

その後、急いでPayPalアカウントを作成しました。

また、Shopifyサポートにダメもとで、

過去に失効した分の紹介料を受け取ることはできないか?

と相談したら、再送金してくれました。

 

紹介料を受け取り続けるには条件がある

紹介料を永続的に受け取るためには、Shopifyの定める「支払いのアクティビティ要件」を満たす必要があります。

【支払いのアクティビティ要件】
Shopify パートナーとして、紹介とShopify Plusのアップグレードに対する定期的なコミッションの支払いを受け取ることができます。紹介とShopify Plusのアップグレードに対する支払いは、あなたがアクティブなShopify パートナーである限り、毎月継続されます。これらの以前の紹介とアップグレードに対する定期的なコミッションの支払いを継続して受け取るには、少なくとも12か月ごとに次のいずれかのパートナーアクティビティを完了する必要があります。
・開発ストアの紹介
・Shopify Plusに加入する新しいマーチャントまたは既存のマーチャントの紹介

支払いを受け取る
Shopify パートナーとして収益を得ることに関する情報。

簡単に言えば、年に1サイト以上クライアントのサイトを作り続けていれば大丈夫です。「開発ストアの紹介」というのがそれにあたります。

たとえば、2022年1月にクライアントのサイトを作ったとします。それ以降は一切何もせずに翌年の1月を迎えると、”アクティブなShopify パートナー”でないと判断され、紹介料の振込はなくなります。

 

スポンサーリンク

所有権の移行を行う前の注意事項

ストアの所有権移行は、ストア構築の最後のステップです。ここでは、所有権の移行を行う前に確認すべき事項を紹介します。

 

事前にクライアントを「スタッフアカウント」として登録しておく

Shopify ストアの所有権を移行する

ストアの所有権の移行は、既存のスタッフアカウントに対して行います。

つまり、事前に移行先のアカウントを作成しておく必要があります。事前にクライアントのスタッフアカウントを作成しておきましょう。

 

所有権の移行の前にできる限りストアの構築を完了させておく

所有権を移行したらShopifyの利用料が発生するようになります。移行前に可能な範囲のすべての構築を終わらせるようにしましょう。

とはいえ、有料アプリの中には「開発ストア」の状態では試せないものもあります。そういうのは仕方ないですね。

所有権を移行して、Shopifyの契約をした後にアプリを導入し、設定を進めていくことになります。

 

所有権の移行を行うと契約完了までストアにアクセスができない

ストアの移行作業が始まると、ストアに一切アクセスができなくなります。クライアント(移行先のアカウント)がShopifyの契約を行うまでロックがかかるのです。

ロック中はストアにアクセスしても以下のような表示がされます。

Shopify ストアの所有権を移行する

なので、

  • エンジニアが作業中
  • デザイナーがサイトをチェック中
  • クライアントがサイトを確認中

など、何か作業しているタイミングに移行手続きを始めてしまうと危険です。関連メンバーに共有して事前にスケジュールを調整しましょう。

また、クライアントのレスポンスが悪い場合、何日もストアがロックされ案件の進捗に影響が出ます。

そういったクライアントには、

・事前に作業できる日時を確認してそれに合わせてストア移行を行う
・zoom等を繋いで、移行〜契約をその場で一緒に完了させる
・クライアントオフィスに出向いてその場で一緒に作業する(オフィスが近ければ)

などの調整が必要です。

 

スポンサーリンク

参考:Shopifyを学ぶ方法まとめ|本・動画教材・オンラインスクール

Shopify飯店

Shopifyを本格的に学ぶためにはネットの情報だけは足りません。本(参考書)、動画教材(Udemy)、オンラインスクールを活用して、効果的に学習しましょう。

思い切って有料の教材を買って体系的に学ぶことで、操作に悩む時間が減りますし、より高度なカスタマイズや提案ができるようになり、仕事の幅が広がります。

仕事でShopifyを扱っている筆者が、おすすめの学習教材をまとめました。くわしくは以下の記事をご覧ください。

【関連記事】Shopifyのおすすめ学習方法まとめ【現役エンジニアが紹介】

Shopifyのおすすめ学習方法まとめ【現役エンジニアが紹介】
現役フリーランスエンジニアがShopifyの勉強方法をまとめました。オンラインスクールで学ぶ、本で学ぶ、Udemyで学ぶ、公式のYoutubeで学ぶの4つです。おすすめはオンラインスクールで学ぶことです。

【関連記事】【2022年最新】デイトラShopifyコースは買うべき?【レビュー】
1/4〜1/31まで新春セール開催中!先着2023名が1万円割引!

デイトラShopifyコースは買うべきか?徹底レビュー【2023年最新】(1/31まで先着で1万円割引セール中!)
デイトラShopifyコースを大解剖します。内容、強み、評判、身につくスキルをShopify構築を仕事にしている筆者が解説します。

【関連記事】Shopifyの学習におすすめの動画教材(Udemy)まとめ

【日本語のみ】Shopifyの学習に最適なUdemyの教材まとめ
日本語で受講できるUdemyのShopify講座をまとめました。新講座が出るたびに随時、記事を更新します。初心者向けの講座から上級者向けの講座まで紹介しています。また、筆者が実際にUdemyの講座を受講したレビューも紹介しています。

【関連記事】Shopifyの学習におすすめの本まとめ

Shopifyの学習におすすめの本まとめ【参考書7選を紹介】
本記事ではShopifyを学ぶのにオススメな本・参考書をまとめています。

【関連記事】【Shopifyの独学】勉強方法のまとめ【初心者向け】

【Shopifyの独学】勉強方法のまとめ【初心者向け】
本記事ではShopifyの独学方法をロードマップとしてまとめています。筆者はShopifyを独学して3年ほど経ちました。ノウハウが溜まってきたので、Shopify独学のロードマップを整理して記事にしました。
【Udemyでセールが開催中!】
2023年2月1日(水)まで、Shopifyの動画教材が1,800円から買える!
Udemyはセールのタイミングに買うべきです。通常1万〜2万円の商品がセール中だと80%OFF〜90%OFF程度の値段で購入できます。
・Udemyでセール中のShopifyの講座一覧をまとめて見る icon

 

スポンサーリンク

まとめ

本記事のポイントをまとめます。

Shopifyでストアの所有権を移行する流れは次のとおりです。

①パートナーダッシュボードにログインする
②ストアの所有権を移行する
③Shopifyの契約をする(クライアント側での作業)
④契約したプランの内容を確認する(クライアント側での作業)
⑤クライアントの契約完了を確認する
⑥ストアに「コラボレーターのアクセス」でログインができるか確認する

ストアの所有権を移行するとShopify利用料が発生します。ストア構築は可能な限り所有権の移行までに終わらせていきましょう。

今回の記事はここまでです。

タイトルとURLをコピーしました