>> デイトラShopifyコースが先着で1万円OFF!

【Shopify】ストア名や住所、メールアドレス等を変更する方法

【Shopify】ストア名や住所、メールアドレス等を変更する方法 使い方

Shopifyでストア名とか住所とかメールアドレス、電話番号を編集する方法が知りたい。
管理画面のどこで、どうやって変更できるのか教えて欲しい。

こんなことを考えている方へ。
この記事のポイントは以下です。

・Shopifyでストア名や住所やメールアドレス、電話番号、配送ロケーションなどのお店の基本情報を編集する方法を解説

Shopify飯店

Shopify飯店

【デイトラShopifyコース 新年の2023名限定キャンペーン!1月4日から全コース⛩️1万円割引⛩️セール❗️】
デイトラ」で1/4〜1/31の間、新春セールが開催されています。先着順で1万円割となる超お得なセールです。
2023年に人生を変えたい方は「デイトラShopifyコース」を受講してみてください。
スポンサーリンク

【Shopify】ストア名や住所、メールアドレス等を変更する方法

ストアをオープンするにあたっては、

・会社およびストアの住所や電話番号
・お客様に連絡やShopifyからの連絡を受け取るメールアドレスの登録

などの登録が必要になります。

本記事では、

①ストア名、メールアドレスを編集する方法
②ストア(自社)の住所を編集する方法
③ストア(自社)の物流拠点の住所を編集する方法

を順番に解説します。

それぞれの設定・編集は管理画面の「設定」より行うことができます。

【Shopify】ストア名や住所、メールアドレス等を変更する方法

「設定」メニューの中には色々な項目があります。

サイト全体に関わる設定(ストア名、連絡用メールアドレス、決済、物流、契約プラン..etc)は、この画面から変更することができます。

【Shopify】ストア名や住所、メールアドレス等を変更する方法

 

ストア名、メールアドレスを編集する方法

「設定>一般設定>ストアの詳細」にて、ストア名や電話番号、メールアドレスを編集できます。

項目 内容
ストア名 ストア(ショップ)の名前を入力します。
ストア連絡メール Shopify公式からの連絡を受け取るメールアドレスを入力してください。※「ストア連絡メール」と「」は基本的に同じで問題ありません。
差出人メールアドレス お客様宛のメール(自動送信含)で使用するアドレスを入力してください。※「ストア連絡メール」と「」は基本的に同じで問題ありません。
ストア業界 事業ジャンルを選択してください。

【Shopify】ストア名や住所、メールアドレス等を変更する方法

 

ストア(自社)の住所を編集する方法

「設定>一般設定>ストアの住所」の画面では、ストアの住所や電話番号、運営会社名などを編集できます。

項目 内容
会社の正式名称 会社名を入れます。
電話番号 ストア(会社)の電話番号を入れます。
住所 市区町村より後ろの住所を入れます。
アパート名など(任意) 建物の名称や部屋番号を入れます。
市区町村 市区町村を入力します。
郵便番号 郵便番号を入力します。
国/地域 リストの中から国と地域を選択します。
都道府県 都道府県を選択します。

【Shopify】ストア名や住所、メールアドレス等を変更する方法

 

ストア(自社)の物流拠点の住所を編集する方法

物流拠点の住所は、ストアの住所とは別の画面で登録します。

「設定>ロケーション」と進んだ画面で、設定ができます。

【Shopify】ストア名や住所、メールアドレス等を変更する方法

すでに登録されているロケーション名をクリックすると、編集画面に移動します。

まず一番上にあるのが「ロケーション名」のエリアです。管理しやすくするために、分かりやすい名前をつけます。

項目 内容
ロケーション名 わかりやすい名前を入力します。例)物流拠点例)商品保管倉庫

【Shopify】ストア名や住所、メールアドレス等を変更する方法

その下のエリアに、住所を登録するエリアがあります。

項目 内容
住所 商品を保管(商品を発送)している住所を入力します。

【Shopify】ストア名や住所、メールアドレス等を変更する方法

 

スポンサーリンク

Shopifyで使うメールアドレスの認証をしよう

2021年頃から「連絡先情報」に設定したメールアドレスに、

送信するメールは、一部のお客様の受信箱で異なって表示される場合があります。この問題を修正

という表示がされるようになりました。

【Shopify】ストア名や住所、メールアドレス等を変更する方法

必ず対応が必要というものではありません。対応しないとメールが使えない、というものでもありません。ただ、「この問題を修正」を押して、メールアドレスの認証を行うことをお勧めします。

何も対応せずにしているとどうなるかというと、

①ストアからお客様送るメールが、相手のメールソフトで「迷惑メール扱い」される可能性がある
②ストアからお客様送るメールの送信元(From)の欄に「Shopifyemail.com経由」と表示されたままになる

ということが発生します。

【Shopify】ストア名や住所、メールアドレス等を変更する方法

逆に言うと、「この問題を修正」を押してメールアドレスの認証を行うことで、「迷惑メール扱い」される可能性が低くなったり、メールの送信元(From)の欄に「Shopifyemail.com経由」と表示されることがなくなります。

対応するには、まず「この問題を修正」を押します。

【Shopify】ストア名や住所、メールアドレス等を変更する方法

続いて、「認証する」を押します。

【Shopify】ストア名や住所、メールアドレス等を変更する方法

すると、以下の画面が表示されます。画面の指示に従って契約しているドメインサービスで新たにCNAMEレコードの値を設定すればOKです。

【Shopify】ストア名や住所、メールアドレス等を変更する方法

 

スポンサーリンク

参考:Shopifyを学ぶ方法まとめ|本・動画教材・オンラインスクール

Shopify飯店

Shopifyを本格的に学ぶためにはネットの情報だけは足りません。本(参考書)、動画教材(Udemy)、オンラインスクールを活用して、効果的に学習しましょう。

思い切って有料の教材を買って体系的に学ぶことで、操作に悩む時間が減りますし、より高度なカスタマイズや提案ができるようになり、仕事の幅が広がります。

仕事でShopifyを扱っている筆者が、おすすめの学習教材をまとめました。くわしくは以下の記事をご覧ください。

【関連記事】Shopifyのおすすめ学習方法まとめ【現役エンジニアが紹介】

Shopifyのおすすめ学習方法まとめ【現役エンジニアが紹介】
現役フリーランスエンジニアがShopifyの勉強方法をまとめました。オンラインスクールで学ぶ、本で学ぶ、Udemyで学ぶ、公式のYoutubeで学ぶの4つです。おすすめはオンラインスクールで学ぶことです。

【関連記事】【2022年最新】デイトラShopifyコースは買うべき?【レビュー】
1/4〜1/31まで新春セール開催中!先着2023名が1万円割引!

デイトラShopifyコースは買うべきか?徹底レビュー【2023年最新】(1/31まで先着で1万円割引セール中!)
デイトラShopifyコースを大解剖します。内容、強み、評判、身につくスキルをShopify構築を仕事にしている筆者が解説します。

【関連記事】Shopifyの学習におすすめの動画教材(Udemy)まとめ

【日本語のみ】Shopifyの学習に最適なUdemyの教材まとめ
日本語で受講できるUdemyのShopify講座をまとめました。新講座が出るたびに随時、記事を更新します。初心者向けの講座から上級者向けの講座まで紹介しています。また、筆者が実際にUdemyの講座を受講したレビューも紹介しています。

【関連記事】Shopifyの学習におすすめの本まとめ

Shopifyの学習におすすめの本まとめ【参考書7選を紹介】
本記事ではShopifyを学ぶのにオススメな本・参考書をまとめています。

【関連記事】【Shopifyの独学】勉強方法のまとめ【初心者向け】

【Shopifyの独学】勉強方法のまとめ【初心者向け】
本記事ではShopifyの独学方法をロードマップとしてまとめています。筆者はShopifyを独学して3年ほど経ちました。ノウハウが溜まってきたので、Shopify独学のロードマップを整理して記事にしました。
【Udemyでセールが開催中!】
2023年2月1日(水)まで、Shopifyの動画教材が1,800円から買える!
Udemyはセールのタイミングに買うべきです。通常1万〜2万円の商品がセール中だと80%OFF〜90%OFF程度の値段で購入できます。
・Udemyでセール中のShopifyの講座一覧をまとめて見る icon

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

本記事では、

①ストア名、メールアドレスを編集する方法
②ストア(自社)の住所を編集する方法
③ストア(自社)の物流拠点の住所を編集する方法

を順番に解説しました。

それぞれの設定・編集は管理画面の「設定」より行うことができます。

今回の記事はここまでです。

タイトルとURLをコピーしました