>> 運営者プロフィールはこちら

【Shopify】URLのリダイレクトを設定する方法

Shopify URL リダイレクト 設定方法 使い方
記事内に広告が含まれています。

ShopifyでURLをリダイレクトする方法が知りたい
最新の画面キャプチャで分かりやすく解説して欲しい。

こんなことを考えている方へ。
この記事のポイントは以下です。

①ShopifyでURLリダイレクトを行う方法
②Shopifyでリダイレクトを行うケース紹介
③URLのリダイレクトを設定するメリット

Shopify飯店

Shopify飯店

>> 運営者の詳しいプロフィールはこちら

\当サイトのおすすめ記事はこちら👇/

■■Shopifyを学ぼう■■

人気記事 4万文字で徹底解説!Shopifyおすすめスクールまとめ!🏫
人気記事 1.5万文字でデイトラShopifyコース!を徹底解説!口コミはこちら📺
人気記事 2万文字で忍者CODEShopifyコース!を徹底解説!口コミはこちら📺
人気記事 Shopifyのおすすめ学習方法まとめ!👩‍💻
人気記事 筆者の経験談!独学ロードマップ決定版!🖥
人気記事 Shopifyを学べるおすすめの書籍まとめ!📚
人気記事 日本語のみを厳選!おすすめのUdemy動画教材🎦
人気記事 コピペでOK!カスタマイズパーツ販売中📝

 

スポンサーリンク

【Shopify】URLのリダイレクトを設定する方法

ShopifyでURLリダイレクトを行う方法を分かりやすく解説します。

Shopifyのリダイレクト設定は管理画面から簡単に行うことができます。
少数の設定なら管理画面で新旧のURLを直接入力すればOKです。数が多い場合は、CSVのインポート機能を活用しましょう。

正しくリダイレクトを設定することで、ユーザーを取りこぼすことなく自社サイトに誘導できます。また、旧ページのSEOの効果をある程度引き継ぐことができます。

ウェブサイトのサイトのリニューアル等でURLが変わった場合は、忘れずに設定しましょう。

【関連記事】BASEで使っていた独自ドメインをShopifyへ移行する方法

BASEで使っていた独自ドメインをShopifyへ移行する方法
BASEで使っていた独自ドメインをShopifyに移管する方法を解説します。これを行うことで、BASEで使っていた独自ドメインをそのままShopifyでも使用できます。BASEからShopifyにストアをリニューアルする際などに必須の作業です。また、Shopifyでのドメイン設定後はリダイレクト設定も忘れずに行いましょう。

 

①リダイレクトURLを一つずつ設定する方法

URLがそこまで多くない場合は、1つずつリダイレクトを設定するのがおすすめです。

まずはShopifyにログインして「オンラインストア>メニュー」を開きます。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

そして、画面右上の「URLのリダイレクトを表示」を押します。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

次に、画面右上の「URLのリダイレクトを作成」を押します。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

すると、リダイレクト元のURLとリダイレクト先のURLを入力するフィールドが表示されるので、ここにURLを入力します。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

リダイレクト元 旧ページのURLを入力します
リダイレクト先 新ページのURLを入力します

最後に「リダイレクトを保存する」を押せばOKです。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

 

②CSVを使って一括でリダイレクトを設定する方法

登録するリダイレクトの件数が多い場合、CSVを使った一括登録がおすすめです。

まずはShopifyにログインして「オンラインストア>メニュー」を開きます。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

そして、画面右上の「URLのリダイレクトを表示」を押します。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

続いて、既存の登録内容を抽出するために「エクスポート」を押します。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

すると、既存のリダイレクト設定のCSVデータをダウンロードできます。
このデータの最終行に続けて、リダイレクト設定を書き込んでいけばOKです。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

CSVのレイアウトはシンプルです。
A列が旧ページのURL、B列が新ページのURLです。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

作成したデータはCSVで保存します。
そして、Shopifyの管理画面に戻り「インポート」を押します。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

ファイルアップローダーが表示されるので、作成したCSVファイルを追加します。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

「ファイルをアップロード」を押します。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

「リダイレクトをインポート」を押します。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

処理が始まると「インポート中」というウィンドウが表示されます。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

無事処理が終わりました。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

管理者のメールアドレスにも、インポート完了のメールが届きます。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

最後にShopifyの管理画面上で、設定が正しくできているかを確認します。
意図した通りにリダイレクトが設定できていれば、完了です。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

 

スポンサーリンク

Shopifyでリダイレクトを設定するメリット

Shopify URL リダイレクト 設定方法

Shopifyでリダイレクトを設定するメリットは主に次の2つです。

①古いページにアクセスしたユーザーを取りこぼさない
②旧ページのSEOの効果を引き継げる

順番に解説します。

 

①古いページにアクセスしたユーザーを取りこぼさない

リダイレクトはユーザーがアクセスしたURLを、別のURLに自動的に転送する仕組みです。

サイトのリニューアルやハンドルの変更で、URLが変わった場合、リダイレクトを設定せずに放置していると、古いURLに訪れたユーザーはページを見ることができなくなってしまいます。

そこで、旧URLから新URLへのリダイレクトを設定することで、古いURLに訪れたユーザーは自動的に新しいURLに転送され、何の問題もなくページを見ることができるようになります。

 

②旧ページのSEOの効果を引き継げる

Shopifyのリダイレクトはすべて「301リダイレクト」です。
301リダイレクトを設定することで、旧ページのSEOの効果を新ページに引き継ぐことができます。

これにより、今までの検索順位やページとしての影響力がある程度保持されるので、サイトのアクセス数などを保つことができます。

 

スポンサーリンク

【実体験】Shopifyでリダイレクトを設定するケース

Shopify URL リダイレクト 設定方法

実際の仕事の中で、Shopifyでリダイレクトを設定するケースは主に次の2つです。

①サイトのリニューアル
②ハンドルの変更

順番に解説します。

 

①サイトのリニューアル

「BASEからShopify」や「EC CUBEからShopify」など、サイトのリニューアルをしてURL構造が変わる場合にはリダイレクトを設定します。

たとえば、商品ページのURLが以下のように新旧で変わる場合には、リダイレクトを設定します。

旧サイトURL https://⚫️⚫️⚫️/detail/12345
新サイトURL(Shopify) https://⚫️⚫️⚫️/products/12345

【関連記事】BASEで使っていた独自ドメインをShopifyへ移行する方法

BASEで使っていた独自ドメインをShopifyへ移行する方法
BASEで使っていた独自ドメインをShopifyに移管する方法を解説します。これを行うことで、BASEで使っていた独自ドメインをそのままShopifyでも使用できます。BASEからShopifyにストアをリニューアルする際などに必須の作業です。また、Shopifyでのドメイン設定後はリダイレクト設定も忘れずに行いましょう。

 

②ハンドルの変更

ハンドルを変更した場合にもリダイレクトを設定することがあります。
ただ、Shopifyの場合、ハンドルを変更すると自動的にリダイレクトを生成してくれます。

なので、自分で設定する機会は稀です。

Shopify URL リダイレクト 設定方法

 

スポンサーリンク

リダイレクトに関するその他のお役立ち情報

Shopify URL リダイレクト 設定方法

リダイレクトに関するその他のお役立ち情報を紹介します。
次の2つです。

①Shopifyのリダイレクトはすべて「301リダイレクト」
②「301リダイレクト」と「302リダイレクト」の違いは?
③Shopify公式ヘルプの紹介

順番に解説します。

 

①Shopifyのリダイレクトはすべて「301リダイレクト」

Shopifyのリダイレクトはすべて「301リダイレクト」です。

301リダイレクトは永久的な移動を意味し、ウェブクローラーや検索エンジンに新しいURLへの移行を伝える効果があります。
すなわち、旧ページのSEOの効果を引き継ぐことができます。

 

②「301リダイレクト」と「302リダイレクト」の違いは?

301リダイレクトと302リダイレクトは、ウェブブラウザが特定のURLを別のURLに自動的に転送するためのHTTPステータスコードです。

簡単に言えば、301リダイレクトは永久的な移動を示し、ウェブクローラーや検索エンジンに新しいURLへの移行を伝える効果があります。
すなわち、旧ページのSEOの効果を引き継ぐことができます。

一方、302リダイレクトは一時的な移動を示し、将来的に元のURLに戻す時に使用します。適切な選択は、移行の目的や状況によって異なります。

正確なステータスコードの選択と適切な設定が重要です。

 

301リダイレクト

目的 301リダイレクトは、永久的な移動を示すために使用されます。リクエストされたURLが完全に別のURLに移動した場合、サイトの所有者は301リダイレクトを使用して、クライアント(ウェブブラウザ)に新しいURLにアクセスするように指示します。
特徴 301リダイレクトは、ウェブクローラーや検索エンジンに対しても新しいURLへの移行を伝え、検索エンジンのインデックスを更新するように促す効果があります。
メリット ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。ユーザーが古いURLにアクセスしようとした場合、自動的に新しいURLに転送されるため、ユーザーは迷うことなく新しいコンテンツに到達できます。また、検索エンジンによる古いURLのインデックス更新も効果的に行うことができます。
デメリット 誤った301リダイレクトを設定すると、重要なトラフィックやランキングの喪失につながる可能性があります。

 

302リダイレクト

目的 302リダイレクトは、一時的な移動を示すために使用されます。リクエストされたURLが一時的に別のURLに転送される場合、サイトの所有者は302リダイレクトを使用して、クライアント(ウェブブラウザ)に一時的なリダイレクトを伝えます。
特徴 302リダイレクトは、ウェブクローラーや検索エンジンに対しては、一時的なリダイレクトであることを伝え、オリジナルのURLを保持するように指示します。
メリット 302リダイレクトは、一時的なリダイレクトを実現するための適切なステータスコードです。一時的な変更が必要な場合、302リダイレクトを使用することで、将来的に元のURLに戻ることができます。
デメリット 一度302リダイレクトが行われると、ウェブブラウザは自動的に新しいURLにアクセスするため、ユーザーが古いURLの最新の情報を見ることができなくなる可能性があります。また、検索エンジンに対しても一時的なリダイレクトとして扱われ、インデックスの更新が遅れる可能性があります。

 

③Shopify公式ヘルプの紹介

Shopify URL リダイレクト 設定方法

リダイレクトについては、Shopifyの公式ヘルプページもご覧ください。

 

スポンサーリンク

参考:Shopifyを学ぶ方法まとめ|オンラインスクール・本・動画

Shopifyを本格的に学ぶためにはネットの情報だけは足りません。
そこで、仕事でShopifyを扱っている筆者が、おすすめの学習方法をまとめました。

オンラインスクール、本(参考書)、動画教材(Udemy)を活用して、効果的に学習しましょう。思い切って有料の教材を買って体系的に学ぶことで、操作に悩む時間が減りますし、より高度なカスタマイズや提案ができるようになり、仕事の幅が広がります。

\当サイトのおすすめ記事はこちら👇/

■■Shopifyを学ぼう■■

人気記事 4万文字で徹底解説!Shopifyおすすめスクールまとめ!🏫
人気記事 1.5万文字でデイトラShopifyコース!を徹底解説!口コミはこちら📺
人気記事 2万文字で忍者CODEShopifyコース!を徹底解説!口コミはこちら📺
人気記事 Shopifyのおすすめ学習方法まとめ!👩‍💻
人気記事 筆者の経験談!独学ロードマップ決定版!🖥
人気記事 Shopifyを学べるおすすめの書籍まとめ!📚
人気記事 日本語のみを厳選!おすすめのUdemy動画教材🎦
人気記事 コピペでOK!カスタマイズパーツ販売中📝

\初回購入で最大90%OFF👇/

■■Udemyは初回購入がお得■■

Udemy Shopify
Point Udemyは初回購入がお得!
Point 通常1万〜2万円の商品が80%OFF〜90%OFF程度の値段で購入できる!
Point ランチ1回分の値段でShopifyを学べます!

 

スポンサーリンク

まとめ

本記事のポイントをまとめます。
Shopifyでリダイレクトを設定する方法は以下です。

①「オンラインストア>メニュー>URLのリダイレクトを表示」へと進む
②少数の場合は管理画面上で直接入力する
③数が多い場合は、CSVを使って一括登録する

今回の記事はここまでです。

この記事を書いた人
Shopify飯店店主

自分の仕事の経験を記事にしています。東証一部のEC企業で5年→個人事業主→法人化。サイト構築実績80社以上、ECコンサル・分析実績40社以上。コンサルにおいては、EC売上3倍、キャンペーン応募者数1.7倍などの実績があります。

Shopify飯店店主をフォローする
使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました